AGA治療の基本的な内容

AGA治療は、プロペシアという治療薬の処方が基本であり、症状の進行を高確率で防止する事が出来ます。

これは、AGAの原因物質であるDHTの生産が抑制されるからであり、初期の段階であれば、正常な状態に頭髪を回復させる事も可能です。


プロペシアは世界60カ国以上でAGA治療に使用されており、飲む育毛剤として広く知られています。
プロペシアの作用は、生え際から頭頂部にかけての毛根に分布している5αリダクターゼという還元酵素の働きを阻害するという事です。



この還元酵素は、男性ホルモンのテストステロンを返還させるという働きを行っており、DHTの生産に関与しています。

DHTは、毛乳頭細胞の受容体と結合する事により、頭髪の成長サイクルを狂わせるという働きを行う物質です。

この物資の生産を抑制する事により、頭髪の成長サイクルは正常な状態に回復するので、AGAの進行が止まる事になります。

プロペシアは、頭髪自体にアプローチするのではないので、AGA以外の薄毛に対しては何の効果もありません。

人気上昇中の産経ニュースが気になる方に必見の情報です。

また、DHTは男性生殖器の形成に関与している物質なので、未成年者が使用する事は禁止されています。



男性生殖器が未成熟な段階でDHTの生産を抑制した場合は、副作用が生じる危険があるからです。
このために、プロペシアを使用するに当たっては、適切な診断を受けなければなりません。

AGA治療では、遺伝子検査等も行っており、プロペシアの効果を前もって予測する事が出来ます。