AGA治療の効果と注意点

AGA治療は、男性の薄毛の大部分を占めている症状を対象としており、プロペシアという治療薬が使用されます。

AGAの原因物質であるDHTの生産を抑制するという事が目的であり、頭髪の成長サイクルを改善する事により正常な状態に回復させます。

プロペシアの主成分のフィナステリドは、元々は前立腺肥大の治療薬として使用されていました。
使用者の頭髪が成長した事が確認されたために、AGA治療薬として利用されるようになっています。

AGAは、頭髪の成長が阻害されるという事が特徴であり、生え際から頭頂部に薄毛が集中します。

これは、DHTの生産に関係している還元酵素が、この部分の毛根に存在しているからです。
DHTが毛乳頭細胞のレセプターと結合する事により、頭髪の成長サイクルに狂いが生じます。
成長途上で抜けてしまうようになるので、頭髪が中々伸びないという状態となります。

DHTが作られている限り症状は進行するので、最終的には毛根の機能は喪失してしまいます。



AGA治療薬のプロペシアは、生え際から頭頂部にかけての毛根に存在している5αリダクターゼという還元酵素を制限する作用があります。



DHTの生産が抑制される事により、頭髪は途中で抜けることなく成長するようになります。
プロペシアは、頭髪に直接的にアプローチする治療薬ではないので、AGA以外の薄毛に対しては有効ではありません。



このために、利用する前には医療機関で診察を受ける必要があります。

女性や未成年者は利用する事が出来ないので、十分に注意しなくてはなりません。